八王子のどら焼き専門店 まかな~万叶~
どら焼き まかな


トップ > OFFICE [会社情報]

会社情報

社名東洋米菓株式会社
所在地【本社】
東京都八王子市横山町9-13
TEL:042-643-5570(代表)/FAX:042-643-5571
設立昭和27年7月1日(創業大正8年 山際商店)
資本金3,600万円
従業員数約30人
取引銀行青梅信用金庫、りそな銀行
営業品目和菓子製造販売、ゴルフ練習場経営
直営店売店経営及びこれに付帯する一切の業務
沿革
大正8年東京都青梅市野上町において山際商店開業。
昭和27年東洋米菓株式会社を設立。資本金100万円。
昭和39年青梅市河辺において青梅アイススケートセンターを設立。
併せて大力レストハウスを設立。
昭和40年手焼せんべいの開発に伴い問屋指向を店指向に変更。
個人消費者、小売店のニーズに対応できる体制を確立する。
昭和42年米菓工場を新築。自動包装機の導入による量産体制整備を充実する。
昭和59年青梅せんべいの工場を新築し、新分野の進出を図る。
平成2年アンテナショップとしてつつじや本店を開店。
平成5年圏央道建設にあたり青梅スケートセンター及び大力レストハウスを閉店。
平成6年青梅スケートセンター代替事業として青梅フレンドシップゴルフ練習場(72打席、210Y)開業。
平成9年つつじや本店内において『つつじ焼』を実演販売。
平成10年『極上羊羹』5種類及び『吟カステラ』を新発売。和菓子類の自社製造の充実を図る。
平成11年高級団子製造の為、製造ラインを整備。
米菓の新製品『美味燦然』金胡麻・黒胡麻・海老を発売。
平成12年『美味燦然』が全日空スーパーシート機内食として採用される。
平成14年会社設立50周年を記念して、高級堅焼せんべい『万叶(まかな)』を発売。
本社内に『フレッシュどら焼き』と『ぬれせんべい』の専門店、大門亭を開店。
『美味燦然』が、全日空スーパーシート機内食として再び採用される。
平成17年つつじや本店駐車場を拡張。
平成18年ラジオ・ニッポン放送の番組において、フレッシュどら焼きが「東京土産第一位」に選ばれる。
平成19年取締役会の決議により山際由光代表取締役社長に就任。
多摩の物産&輸入品商談会’07において、「フレッシュどら焼き」が多摩の逸品に選ばれる。
平成20年第3回グルメ&ダイニングスタイルショー春2008(東京ビックサイト)において、フレッシュどら焼きが、「新製品コンテスト フード部門」大賞を受賞。
平成21年多摩の物産&輸入品商談会’09において、「どら焼き・フレッシュプリン」と「一徹団子」が多摩の逸品に選ばれる。
平成22年塩船観音寺の塩船平和観音建立を記念し、観音像を刻印した「観音サブレ」を新たに発売。多摩の物産&輸入品商談会’10において、「奥多摩酒ゼリー」が多摩の逸品に選ばれる。
平成23年地元企業とのコラボレーションどら焼き2種を開発、発売。
平成29年本社及び工場の八王子市への移転により、つつじや本店/大門亭が閉店。
どら焼き専門店「まかな~万叶」を開店。

facebook

ページのトップへ戻る